第十回紫熊祭(令和3年熊本大学学園祭)のご案内(10/30オンライン開催)

 令和3年の熊本大学の学園祭である、「紫熊祭」についてのお知らせです。
 今年の紫熊祭は、YouTubeでのライブ配信と動画コンテンツの配信によるオンラインで開催されますので、ご案内します。
 開催日:2021年 10月30日 (土) 17:00 〜 22:25
 以下は、熊本大学HPの掲載文です。
 第十回紫熊祭では、これまでにない新しい学園祭の形式で、本学の皆様や地域の皆様に楽しんでいただけるよう、様々な企画をご用意しております。YouTubeライブでは、毎年ご好評を頂いております、ミスコン・ミスターコン、熊大コレクション、夜の筋肉祭りをリアルタイムで配信致します。
 また、その他ロケ動画などの動画コンテンツも充実しております!
 今年は、本学に足をお運び頂かなくとも、お手持ちのPCやスマートフォンなどでご自宅からお楽しみいただけます。
 詳しい情報は「第十回紫熊祭特設ページ(https://www.sigmafes.com/)」よりご覧いただけます。
 皆様のご観覧を心よりお待ちしております。
 ポスターはコチラ

工学部冶金科昭和33年(1958年)卒業の同期会を振り返って~悠哉会会誌の発行~

最近は聞き慣れない冶金という名前ですが、熊本高等工業学校時代に、採鉱冶金学科として明治42年(1909年)に設置されたコースです。

その後、昭和24年(1949年)に新制熊本大学工学部の設置に伴い、同学科は、採鉱科と冶金科に分離して存続しておりました。

最近は今風の呼称が一般的で、今日の学科構成から申しますと、マテリアスコースを経た材料・応用化学科 物質材料工学教育プログラムの前身の学科であります。

私たちの同期会は「本大学工学部金科同期」⇒「熊冶会」⇒「悠哉会(ゆうやかい)」と呼称し、今年で卒業後62年を迎えていますが、卒業以来60周年を記念して平成30(2018年)11月、奈良において第17回の悠哉会を開催し、これを以て構成員も高齢の域に達しましたので、会への出席も困難になるとの予測から会を終息させました。

振り返ってみますと、私たちが学窓を巣立ったのは、1960年に池田内閣の下で策定された所得倍増計画の直前であり、未だ就職もなかなか難しい時期でありました。しかしクラスメイト全員、無事に職を得て社会に迎え入れていただくことが出来ました。

以来、高度成長期、バブル崩壊など紆余曲折を経ながらも無事に生計を立て、お陰で悠哉会も60数年の月日を紡いで来ることが出来ました。

そこで、この過程を悠哉会の会合を通して、振り返ってみようとの思いで、悠哉会の会誌を作成し発刊いたしました。

また折角の機会でもございますので、私どもと同時代を過ごした他学科の会員の皆様への現況報告、ならびに、幅広い年代の会員の皆様にも今後の同窓会活動の一助になるかと考え、会誌をpdf版として熊本大学工業会の「お知らせのページ」に、掲載させていただくことにしました。

もし、ご興味を頂けますならば幸いに存じます。下記の「悠哉会.pdf」をご覧ください。

編集担当 奥村周 高島靖

 

悠哉会-1pdf

第14回熊本大学ホームカミングデー及び第6回熊本大学九州連合同窓会の開催について

下記の日程により第14回ホームカミングデー及び第6回熊本大学九州連合同窓会を開催します。

日 時:令和元年10月27日(日) 13時00分~17時30分

場 所:熊本大学文法学部本館A1教室 等 (受付は12時30分から文法学部本館で行います)

プログラム:(詳細は、別添リーフレットのとおり)

○キャンパス訪問(13時00分~) ※薬学部は12:30から

○九州連合同窓会総会(14時00分~) 場所:文法学部本館A1教室

○講演会(14時45分~) 場所:文法学部本館A1教室

『 熊本大学文書館のこれから 』

熊本大学大学院人文社会科学研究部 岡田 行雄 教授

○交流会(16時00分~17時30分) 工学部百周年記念館 (会費:2,000円)

申込先及び問い合わせ先:熊本大学総務部総務課 ホームカミングデー担当/基金・同窓会担当

TEL:096-342-3116、3129 FAX:096-342-3110

Email:kuma-hcd@jimu.kumamoto-u.ac.jp

2019ホームカミングデーリーフレット

 

令和元年度工学部運動会のご案内

日 時  令和元年11月16日(土)9時00分~

小雨決行(雨天の場合は体育館での開催を検討中)

場 所  武夫原グラウンド

実施予定競技・方式 新学科対抗(土木建築学科、機械数理工学科、情報電気工学科、材料・応用化学科)

競技種目:棒引き、綱引き、台風の目、百足リレー、殲滅戦、騎馬戦、じゃんけん列車、フォークダンス、玉入れ、学科対抗リレー、徒競走、障害物競走、その他予定

令和元年度工学部運動会ご案内

令和元年度工学部運動会

「第8回熊本大学東京連合同窓会」の開催について(5月18日開催)

第8回熊本大学東京連合同窓会が、下記の日程により開催されますので、お知らせします。

日 時  2019年5月18日(土)15時00分~19時00分

場 所  東京ガーデンパレス 2階 「天空の間」(総会・講演会)、「高千穂の間」(交流会)

(東京都文京区湯島1丁目7番5号 電話03-3813-6211(代表))

プログラム

〇 総 会(15時00分~ )

〇 講演会(15時15分~ )

・ 基調講演:「熊本地震後の熊本大学キャンパスの整備計画~五高記念館を中心として」

国立大学法人熊本大学長 原田 信志 氏(S50医学部卒)

・ 特別講演:「熊本城の地震被害と復旧状況について」

熊本市経済観光局熊本城総合事務所 城戸 秀一 氏(H9工学部卒)

〇 交流会 (17時00分~19時00分)参加費6千円(交流会参加者のみ、当日会場受付にて申し受けます。)

参加申し込み

(1)お名前
(2)ご住所
(3)電話番号
(4)卒業年
(5)卒業学部
(6)交流会の参加の有無を、郵送・FAX・Eメールのいずれかの方法により下記までお知らせください。
締切: 平成31年4月12日(金) 【申込先】
熊本大学総務部総務課 基金・同窓会事業室
FAX番号:096-342-3239 電話番号:096-342-2029
Email:kik-doso@jimu.※
(迷惑メールへの対策のため、メールアドレスの kumamoto-u.ac.jp を※に置き換えております。)

詳細はこちらまで(熊本大学ホームページ)

https://www.kumamoto-u.ac.jp/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/tokyorengo/dai8kai/201805tokyo

 

 

 

熊本大学工業会会報第104号の原稿募集について

熊本大学工業会会報第104号では、同窓生の皆様からの記事を募集しております。

支部総会、クラス会、職域同窓会などのOB会、企業内での体験談等、身近な随筆等題目は自由です。

また、同窓会やクラス会の告知等(会員への配布は2019年9月上旬の予定)も受け付けます。

 

原稿枚数等

1.字数 1800字以内

2.写真 1枚限り(説明文をつけてください。)

3.執筆者 執筆者の氏名、卒年学科、連絡先等を付記してください。

4.提出方法 データによる提出のほか、紙による提出も可能です。

データの場合、本文はワード又はテキスト形式、写真はJPEG形式でお願いします。

5.編集 紙面の状況により、校正に修正やカットを行う場合があることをご承知下さい。

6.提出期限  2019年6月14日(金)

6.提出先

◎ メールの場合

会報委員会宛て  kaihou★k-kogyokai.net  (★を@に置き換えてください)

◎ 紙形式やCD-Rの場合

〒860-0862 熊本市中央区黒髪2丁目39-1 熊本大学工学部内

熊本大学工業会 会報委員会宛て

 

 

平成30年度熊本大学卒業生表彰を受賞されました

熊本大学では平成30年11月4日(日)に、平成30年度熊本大学卒業生表彰式が開催されました。

この卒業生表彰は、熊本大学の発展又は社会からの理解促進につながる顕著な功績があった熊本大学の卒業生を、各学部同窓会からの推薦に基づき表彰するものです。工業会からは、各支部からの推薦に基づき卒業生表彰推薦委員会で審議のうえ、推薦した4名の方が表彰されました。

工学部卒業生で表彰された方々は次のとおりです。

末永 幸紘(資源開発工学科、昭和42年卒業) (東京支部推薦)

西本 晋 (熊本工専土木科、昭和26年卒業) (北九州支部推薦)

山内 稔 (資源開発工学科、昭和44年卒業) (熊本支部推薦)

吉田 哲雄(電気工学科、昭和28年年卒業)  (東京支部推薦)

なお、工業会では、前日に工業会執行部による祝賀会を開催しました。

 

熊本大学ホームページ (熊本大学卒業生表彰の記事)

 

 

 

 

 

平成30年 秋の叙勲で工業会会員が受章されました

平成30年秋の叙勲で、工業会会員が受章されました。

受章者は、次の方々です。

【旭日双光章】

南 孝雄  (熊本県建築士事務所協会長 昭和45年金属工学科卒業)

 

【瑞宝中綬章】

平山 忠一 (熊本大学名誉教授 昭和39年工業化学科卒業)

 

ほかに受章された方がいらっしゃたら工業会事務局へご一報くださいますようお願いいたします。

 

工業会会報第103号に大阪支部総会の記事不掲載についてのお詫び

工業会会報第103号に掲載を依頼されました大阪支部よりの大阪支部総会の記事が、工業会事務局の不手際によって掲載されていないことをお知らせするとともに、ここに深くお詫びいたします。

平成29年度の大阪支部総会開催報告は工業会会報第104号に掲載することとしますが、工業会ホームページの活動報告大阪支部に掲載されています。

www.k-kogyokai.net/report/branch/osaka/